CONTENTS お役立ち情報

肩の悩みを隠してくれるウェディングドレスの種類は?悩み別に解説

肩の悩みを隠してくれるウェディングドレスの種類は?悩み別に解説

自分の体の部位で肩周りに悩みを抱える女性もいるかもしれませんね。

今回は、肩の悩みを隠してくれるウェディングドレスの種類を悩み別にご紹介します。

自分に似合うウェディングドレスの選び方もご紹介しているため、衣装選びに迷う方は参考にしてください。


【悩み別】肩をきれいに見せるドレスの選び方

ウェディングドレスは、ビスチェやオフショルダーなど肩が出るデザインのものが多いです。

肩周りにコンプレックスがある新婦は、着用するときに気になることもあるかもしれませんね。

しかし、ドレスの選び方によっては、肩のコンプレックスをうまく隠してくれることも多いです。

肩の悩みを解消してくれるウェディングドレスを選ぶポイントには、次のようなものがあります。


  • 肩幅が広いなら肩が華奢に見えるオフショルダー
  • 肩幅が狭いなら肩周りにボリュームを持たせる
  • なで肩なら袖ありドレスでカバーする
  • いかり肩は肩周りを隠すのではなく大胆に出す

それぞれの項目を確認していきましょう。


【肩幅が広い】肩が華奢に見えるオフショルダーを選ぶ

肩幅の広さに悩みがあるなら、肩が華奢に見えるオフショルダーを選ぶのがおすすめ。

オフショルダーとは、肩先が見えるくらいまでネックラインが大きく開いたデザインのことです。

肩先まで露出するため、鎖骨のラインをきれいに見せてくれる特徴があります。

また、鎖骨に目が行きやすいため、小顔効果が期待できるのも大きなポイント。

オフショルダーのスリーブは、半袖や長袖などさまざまなタイプがあり、露出度によって人に与える印象が変わるのも魅力でしょう。

長袖タイプのオフショルダーを選べば、二の腕の太さをうまく隠してくれるメリットもあります。


【肩幅が狭い】肩周りにボリュームを持たせる

肩幅が狭い悩みがあるならば、スリーブにボリュームを持たせたデザインを選ぶのがおすすめです。

スリーブにボリュームを持たせたドレスを選ぶことで、気になる肩幅の狭さをカバーしてくれます。

例えば、袖口にギャザーを寄せて膨らみを持たせたパフスリーブのデザインもいいでしょう。

肩周りに膨らみを持たせたパフスリーブは、全体のバランスもよく見せてくれます。

クラシカルなデザインなので、着用すると女性らしい印象に仕上げられるのも特徴です。

また、ボリュームのあるパフスリーブの場合は、二の腕を隠して細く見せてくれる効果があります。


【なで肩】袖ありドレスでカバーする

なで肩が気になるのであれば、袖ありのウェディングドレスを選ぶのがいいでしょう。

なで肩の方は肩周りが華奢なことも多いため、ショールのようなオフショルダーや、肩にリボンやコサージュが施されたドレスを選ぶのがおすすめです。

上半身にボリュームを持たせることで、肩の華奢な印象を抑えられて全体のバランスを整えられます。

また、ウェディングドレスにボレロを羽織ってなで肩をうまくカバーするのもいいでしょう。

逆に、上半身に装飾がないシンプルなデザインのドレスはなで肩を強調させてしまうことも多いです。

上半身にボリュームを持たせることを意識してウェディングドレスを選びましょう。


【いかり肩】肩周りを隠すのではなく大胆に出す

いかり肩は、ウェディングドレスが似合いやすいため、着用するときにそこまで気にする必要はないかもしれません。

しかし、どうしても気になる方は、隠すのではなくあえて大胆に露出して見るのはいかがでしょうか。

コンプレックスがある部分を隠したいと考える方もいますが、隠さずに露出したほうがデコルテラインはすっきりしてきれいに見えることも多いのです。

例えば、デコルテラインが大きく開いたビスチェタイプのウェディングドレスがいいでしょう。

ビスチェ以外にも、片方だけ肩を覆うワンショルダーやノースリーブもいかり肩によく似合います。

逆に、袖がふんわり膨らんだパフスリーブやオフショルダーは肩を強調させてしまうため、いかり肩の悩みを持つ方には適していません。


【肩幅が広い】おすすめなウェディングドレスの種類3選

広い肩幅に悩みがあっても、自分に適したドレスの選び方が分からない方もいるはずです。

肩幅が広い悩みがある方におすすめなウェディングドレスの種類には、次のようなものがあります。


  • オフショルダー×マーメイドライン
  • オフショルダー×カジュアルライン
  • ロングスリーブ×Aライン

それぞれの項目を確認していきましょう。


1.オフショルダー×マーメイドライン

シャンティーレースが施されたオフショルダーと、タイトなマーメイドラインが特徴のドレスです。

袖ありタイプのオフショルダーで、肩幅の広さをうまくカバーしてくれる効果があります。

袖はベルスリーブのデザインが採用されており、二の腕を隠してくれるのも魅力です。

また、ボディラインをきれいに見せてくれるマーメイドラインは女性らしい印象に仕上げてくれます。

全体的にレースが施されているため、可愛らしさも演出してくれるウェディングドレスです。


2.オフショルダー×カジュアルライン

デコルテラインがきれいに見える、オフショルダーを採用したカジュアルラインのドレスです。

デコルテから背中にかけて刺繍が施されており、着用すると女性らしさを演出してくれます。

また、ウエストにはビジュー付きのホワイトベルトがあしらわれているのもポイントです。

チュール素材を何枚にも重ねてボリュームを持たせたスカートは、新婦の気品を引き立ててくれます。

カジュアルな結婚式に適したウェディングドレスです。


3.ロングスリーブ×Aライン

トレンド性が高いイリュージョンネックを採用した、Aラインのウェディングドレスです。

イリュージョンネックは、透過性の高いレースを施し露出しているように見せるデザインのこと。

直接的に露出をしなくても、デコルテ周りをきれいに見せてくれる効果があります。

リーフモチーフのレースが施されているので、甘さを抑えたデザインに仕上がっているのも特徴です。


【肩幅が狭い】おすすめなウェディングドレスの種類3選

狭い肩幅に悩みがある花嫁は、スリーブにボリュームを持たせたデザインを選ぶのがポイントです。

肩幅が狭い悩みがある方におすすめなウェディングドレスの種類には、次のようなものがあります。


  1. パフスリーブ×プリンセスライン
  2. パフスリーブ×マーメイドライン
  3. ロングスリーブ×カジュアルライン

それぞれの特徴や魅力を確認していきましょう。


1.パフスリーブ×プリンセスライン

肩周りにふんわりボリュームを持たせた、パフスリーブを施したプリンセスラインです。

上半身にボリュームがあるので、肩幅の狭さをうまくカバーできる効果が期待できます。

パフスリーブとプリンセンスラインのドレスは、お姫様のような雰囲気に仕上がるのが特徴です。

二の腕を華奢に見せる効果もあるので、二の腕の太さが気になる方にも適しています。


2.パフスリーブ×マーメイドライン

ハリのある素材でボリュームを持たせた、パフスリーブを施したマーメイドラインです。

二の腕全体を隠すほどのボリュームがあるので、二の腕が気になる方にも適しています。

また、新婦を見たときに、目線が上半身に行くので肩幅の狭さが気にならなくなるのも魅力です。

身体のラインに沿ったデザインのマーメイドラインで、女性らしいシルエットに仕上がります。


3.ロングスリーブ×カジュアルライン

ジョーゼットの柔らかい素材を使用した、カジュアルラインのウェディングドレスです。

ボリュームを持たせたロングスリーブがナチュラルな雰囲気が漂うものの、どこかフェミニンなムードも演出してくれるのも魅力でしょう。

透け感のある素材で仕立てられているため、軽やかな印象を与えてくれるウェディングドレスです。

動くたびに揺れるので、肩周りのコンプレックスを和らげてくれる効果が期待できます。


【なで肩】おすすめなウェディングドレスの種類3選

なで肩が気になるなら、袖ありのウェディングドレスを選ぶのがポイントです。

ただし、袖ありといってもさまざまなドレスがあるため、衣装選びの際に迷う方も多いでしょう。

なで肩に悩みがある方におすすめなウェディングドレスの種類は、次のようなものがあります。


  1. フレンチスリーブ×プリンセスライン
  2. ロングスリーブ×Aライン
  3. ノースリーブ×スレンダーライン

それぞれの特徴や魅力を確認していきましょう。


1.フレンチスリーブ×プリンセスライン

袖付けの切り替えがなく、身頃から続くフレンチスリーブのウェディングドレスです。

ウエスト切り替えから裾に広がるプリンセスラインで、女性らしいシルエットに仕上がります。

胸元から両肩にかけて施された花柄の刺繍が可愛らしい印象をプラスしてくれるのが魅力です。

甘すぎない印象のウェディングドレスなので、大人婚の新婦にも適しています。


2.ロングスリーブ×Aライン

デコルテが美しく見えるVネックが特徴的な、Aラインのウェディングドレスです。

シンプルなウェディングドレスですが、背中が大きく開いたデザインで大人婚にも適しています。

また、ドレスの生地にはビーズやスパンコールがあしらわれているのも魅力です。

なで肩の悩みをうまくカバーしてくれることはもちろん、二の腕の太さも隠してくれます。


3.ノースリーブ×スレンダーライン

デコルテが大きく開いたVネックと肩甲骨まで見える背中が印象的な、ノースリーブのドレスです。

身体のラインに程よく沿うシルエットで、着用した人を華奢な印象に仕上げてくれます。

また、柔らかく軽やかなデザインなので、リゾート挙式やガーデン結婚式に最適です。

風が吹いたり歩いたりするたびにドレスが揺れるので、さまざまな表情を見られるのもいいですね。


【いかり肩】おすすめなウェディングドレスの種類3選

いかり肩が気になる方は、思い切って大胆に露出するウェディングドレスを選ぶのがポイントです。

いかり肩にはデコルテラインを大きく露出したビスチェが適していますが、ドレスの種類によっても印象は変わります。

なで肩に悩みがある方におすすめなウェディングドレスの種類は、以下のとおりです。


  • ビスチェ×Aライン
  • ビスチェ×マーメイドライン
  • ビスチェ×プリンセスライン

それぞれの特徴や魅力を確認していきましょう。


1.ビスチェ×Aライン

大胆に開いたビスチェに、ふんだんに散りばめられたグリッターチュールのスカートが華やかな王道のウェディングドレスです。

胸の形に沿うハートカットのラインは、より一層女性の魅力を引き立ててくれます。

ウエスト切り替えでふんわり裾に広がるAラインで、スタイルをよく見せてくれるのも魅力です。

王道のシンプルなドレスを選びたい方に適しています。


2.ビスチェ×マーメイドライン

オーソドックスなマーメイドラインのウェディングドレスです。

シンプルなウェディングドレスであるものの、生地に施されたビジューレースが優美で大人の印象を与えてくれます。

いかり肩の悩みをカバーしてくれるだけでなく、スタイルをよく見せる効果も期待できるでしょう。

大ぶりのアクセサリーをつければ、地味な印象にもなりません。

スタイリッシュに仕上げたい方に適しています。


3.ビスチェ×プリンセスライン

ビスチェにホワイトビディングとジルコニアを施したウェディングドレスです。

他にはないデザインのウェディングドレスなので、周りと差をつけたい新婦に適しています。

また、ウエスト切り替えのプリンセスラインを採用しており、肩周りが華奢に見えるのも魅力です。

スカート部分が柔らかい素材のチュールを使用しているので、全体的に重たい印象にもなりません。


まとめ:試着して自分に似合うウェディングドレスを見つけよう!

この記事では、肩の悩みを隠してくれるウェディングドレスの種類についてご紹介してきました。

ポイントは、以下のとおりです。


  • 肩幅が広いなら肩が華奢に見えるオフショルダーがおすすめ
  • 肩幅が狭いなら肩周りにボリュームを持たせることが大切
  • なで肩なら袖ありウェディングドレスでカバーできる
  • いかり肩は肩周りを隠すのではなく大胆に出すのが最適

ザ・ドレスショップでは、ウェディングドレスのレンタルサービスを展開しています。

王道から個性的なものまで豊富なウェディングドレスを取り扱っているため、新婦が理想とするドレスを見つけられるはずです。

来店予約もあるので、肩のコンプレックスをうまく隠してくれるウェディングドレスを探している方は実際に来店して相談してみてはいかがでしょうか。