CONTENTS お役立ち情報

ドレスを選ぶ際に知っておきたい王道のAラインドレスの特徴をレンタルドレス専門店が解説

ドレスを選ぶ際に知っておきたい王道のAラインドレスの特徴をレンタルドレス専門店が解説

大事な結婚式を控えウェデイングドレスを選ぶ中で、Aラインドレスをおすすめされたが、どんな特徴があるのかわからない方も多いでしょう。


そこで、今回は比較的誰にでも似合うと言われる、王道のウエディングドレスのAラインドレスを紹介したいと思います。


Aラインドレスの特徴を知り、本当に自分に合うのかどうかを把握した上で充実した結婚式にしてくださいね。

​​

Aラインドレスとは?

Aラインドレスとは、ウェディングドレスの中の1種類で、最もスタンダードな種類として知られています。全体的なシルエットは細く見えるのが特徴です。


上半身はコンパクトですっきりしており、下半身に向かって広がっていくタイプのドレスのことを言います。アルファベットのAのように見えるため、このような名前で呼ばれています。


清楚で気品がありシンプルで上品かつ王道なスタイルのシルエットで、特に体型を選びません。数あるウェディングドレスのなかで最も人気の高い種類のドレスです。


Aラインドレスの歴史

Aラインドレスが誕生したのは、1955年と意外にも歴史が浅く、DIORによって発表されました。DIORはウエストを細く絞ったフレアスカートが特徴の「ニュールック」が有名です。


しかし、実はAラインドレスもその当時の新作コレクションショーで初めて発表されました。そしてそれが大ヒットして、瞬く間に世界中の女性を魅了したことで有名となりました。



初めてAラインドレスを発表した1955年当時のDIORの新作コレクションショーはセレブリティやバイヤー、報道関係者が入りきらないほどの大盛況であったと伝えられています。


近年では、世界的な人気ファッションモデルのミランダ・カーも自身の結婚式でAラインのウェディングドレスを着用しました。今ではまさに国内外で不動の人気を誇る王道のドレスと言えます。


Aラインドレスが似合う人の特徴

Aラインドレスはシンプルで上品なイメージがあるため、比較的どんな体型の人でも合わせることが可能です。足長効果を期待できるので、低身長な方なら特にぴったり合います。


また、縦のラインを強調できるので、着やせ効果もあります。足が長く見えて小柄な人や背丈もあるスレンダーな人は、よりスタイルの良さを強調できるのでおすすめです。


基本的に体型を選ばない上、王道なスタイルなので、ホテルでも緑いっぱいのガーデンでも似合います。清楚な雰囲気が好みの方はぜひ選ぶようにしてください。


Aラインドレスのトレンドの種類

ウェディングドレスにもトレンドというものが存在しています。トレンドを理解することで、自分が選ぶドレスの指標にもなります。


では、トレンドにはどのような種類があるのかをいくつか紹介しましょう。


透け感ドレス

繊細に織り込まれたレースやシースルーなどを使い、透け感のあるウェディングドレスに仕上げるのが「透け感ドレス」です。透明感を出すことで女性の美しさを表現できます。


海外と日本では透け感を出すポイントが違います。海外はスカート部分に、日本ではデコルデや腕部分に透け感素材を使用するのがポイントです。


Vネックラインドレス

日本では徐々に人気を上げていて、海外ではトレンドの真っ最中となっているデザインが「Vネックラインドレス」です。


胸元が開いていて、少し露出部分がありますが、エレガントな美しさを表現できます。日本にもVラインドレスはありますが、少し控えめなデザインとなっているのが特徴です。


ここ最近では自分でも着用しようと思う人も増えてきております。更にこのVネックは小顔効果もあり、大人らしい雰囲気を出しながら、小顔効果で可愛く見せることが出来るのも特徴です。


ビッグリボンドレス

大きなリボンをあしらったのが特徴の「ビッグリボンドレス」です。基本的にドレスのメインはドレスであり、リボンはあくまで補助・アクセントというのが一般的でした。


そんなリボンをメインにして、デザインをするのがこのドレスの特徴です。リボンは可愛らしさ、少女らしさを印象付けるものだが、メインにすることで、どこかユニークな印象に仕上がります。



Aラインドレスに似合う髪型の種類

結婚式や披露宴では花嫁のヘアスタイルも重要になっていきます。ではAラインドレスではどのような髪型が合うのかをいくつか紹介しましょう。


・アップスタイル

・ポニーテール

・アシンメトリー

・ダウンスタイル

・シニヨン

・ハーフアップ

・編み込み



アップスタイル


首元をすっきりさせ、フェイスラインを見せるアップスタイルは、Aラインドレスと最も相性の良い髪型と言えます。

アップとはいってもまとめ方は様々な種類があります。シンプルでスタイリッシュなものから愛らしさを感じさせるエレガントなスタイルまで好みに合わせて幅広く演出が可能です。


イヤリングやネックレスを見せるコーディネートもしやすく、派手に主張しない優しい雰囲気に仕上がります。


可愛さの中にも気品を感じさせるアップスタイルで、シンプルに魅力を表現しましょう。


ポニーテール

アップスタイルと同じく、髪をまとめることで首元のラインを美しく見せるポニーテールは花嫁の魅力を引き出せる髪型の1つでもあります。


シンプルにまとめることでナチュラルでエレガントな雰囲気を醸し出すスタイルです。またトップにボリュームを出すことで、ゲストの目線が上がり、よりスマートな印象となります。


あまりまとめすぎずに、あえてふわっとした仕上がりにすれば、無造作な感じで可愛らしさを演出することが可能です。


アシンメトリー


ボリュームのある部分が特徴的なまとめ髪やハーフアップなど、遊び心を感じさせるアリンメトリーはAラインドレスによく合う髪型の1つです。


「シンプルでエレガントなのに、見る角度によって印象が変化する」という印象が強まるのもこの髪型の特徴の1つでもあります。


選んだドレスのボリューム感やデザインに合わせて、自分なりにヘッドアクセや小物を取り入れるのもおすすめします。


様々なアレンジが可能なこのスタイルで、他にはないアイデアを生かして自分だけの個性を演出しましょう。


ダウンスタイル

甘めな印象が強いダウンスタイルをAラインドレスに合わせる場合、あえてボリュームを抑えるようにすると印象が良くなります。


歩くたびに髪がふわふわと揺れることで、優しく愛らしいイメージを持たせることが可能です。


真っ直ぐなダウンスタイルも大人らしい可愛さがあっていいですが、ゆるめのウェーブを出して優しい曲線を描くようにするとさらに可愛らしさがアップするのでおすすめです。


愛らしさを感じさせる「ナチュラル感」を強調して、Aラインの印象を引き立てるようにするとなおいい印象を与える事ができます。


シニヨン


フォルムがシンプルで美しいAラインのドレスは、変にごちゃごちゃアレンジしないで、潔くまとめたシニヨンのスタイルもよく合う髪型の1つです。


ワンポイントで大きめのヘッドアクセサリーを取り入れるとアクセントとなりより映える印象となります。


アップスタイルだからと言って首回りを飾らなければいけないわけではありません。あえて何もつけない事で花嫁の魅力を引き出せるのも特徴の1つです。


ナチュラルで透明感のある雰囲気を作りたいのであれば、この髪型を選ぶようにしましょう。


ハーフアップ


ナチュラルだけれど可愛らしさ満点のハーフアップもおすすめの髪型です。アップスタイルよりも少し可愛い印象を作る事ができます。


シルエットが美しいAラインドレスにちょっとだけ可愛らしさを追加したい人におすすめの髪型です。


ショートからロングまで、どんなレングスにも取り入れられるのも、魅力の1つです。清楚な女性らしい印象から大人っぽいエレガントな印象まで、アレンジで様々な印象を作り出せます。


編み込み


編み込みのヘアアレンジや、ゆるやかなヘアラインで見せるヘアデザインは大人っぽい印象を見せたい花嫁によく似合います。


Aラインドレス自体がかっちりとしたキレイ目の印象があります。なので、ヘアアレンジで少し崩すことにより、トータルでバランスが取れておしゃれさをアップさせる事が可能です。


ボリューム感のある髪の毛のサイドを編み込みにするゆるふわスタイルや大人な雰囲気を表現したカッチリアレンジ、ワンポイントで取り入れる爽やかな編み込みまで多彩なアレンジが可能です。


取り入れ方一つで雰囲気を大きく変える事も魅力の1つなので、自分なりの個性を表現したい方は是非このスタイルをおすすめします。



Aラインドレスに使われる素材の特徴について

Aラインドレスで使われている素材は基本的に4種類が使われています。素材の組み合わせによってシンプルでスタイリッシュなものから可愛らしいものまで様々な雰囲気を作り出せます。


Aラインドレスは表現できる幅が広く豊富なバリエーションのデザインがあることも特徴の1つです。またこの幅の広さが多くの人に選ばれる理由でもあります。


主に使われている4種類の素材については以下のところから紹介をしましょう。


・シルクサテン

・チュール

・レース

・オーガンジー


シルクサテン


シルクの繊維は、人肌に近いタンパク質でできています。そのため肌の弱い人でも身につけることが可能です。


光沢のあるしなやかな生地なので、軽くて着心地がよく、通気性まで兼ね備えているので優れものでもあります。


シルクのドレスはドレープのデザインとの相性がよく、程よいハリと滑らかなツヤ感があります。なので優美でかつ華やかな気品のある印象を与えてくれるデザインに仕上げることが可能です。


また、とろみのある柔らかな生地なので、ドレスに動きを出すこともできます。ゴージャスで、かつ上品に着こなしたい方であれば積極的に選ぶようにしましょう。


チュール


細かい網目状の模様をしたふわふわとろけるような薄手の生地で透け感があります。そのため、ナチュラルな雰囲気や軽やかな雰囲気を醸し出すのに適しています。


例えば、チュールを重ねてふんわりとしたイメージを出したり、シルクの上にかぶせて透け感をうまく活用したシルエットを作り上げるなどのアレンジが出来ます。


なので、様々な活用方法でドレスのデザインをより際立たせる事が可能です。裾に向かって徐々にふんわり広がっていくので、Aラインならより花嫁の可愛さとおしゃれさを引き出す素材です。


甘すぎない大人可愛い花嫁スタイルになりたいのであれば、是非選ぶようにしましょう。

レース


優雅な雰囲気もクラシカルな雰囲気にも使用される素材です。繊細で女性らしさが際立つレース素材なので、シンプルさの中にもフェミニンな雰囲気と上品かつ豪華な雰囲気を作り出せます。


また、レース特有の透け感で女性らしく、程よいセクシーに仕上げることもできます。大胆かつオシャレなドレスでいつもと違う自分を表現したい人におすすめの素材です。


更に、全体のシルエットを引き締まった印象にしてくれる体型カバーの効果もあります。Aラインドレスと合わさるとよりスタイルをよく見せられるので、体型が気になる方にもおすすめです。


オーガンジー


一見チュールと間違えやすい素材ですが、平織りに加工を施した透け感のある生地をオーガンジーと呼びます。


生地の柔らかさと透け感の清楚さと軽やかさがオーガンジードレスの魅力です。中でもシルクのオーガンジーは「シルク・オーガンジー」と呼ばれるほど特別な生地です。


歩くたびにスカートがいろいろな表情を見せ、優美な雰囲気を印象付けることが可能となります。


エレガントさの中にも、女性らしいキュートさを入れたい方におすすめしたいドレスの素材です。


Aラインドレスが似合う会場の特徴


シンプルで上品な印象をあたえるAラインドレスは、様々な会場と相性が良いので合わせやすいです。しかし、その分会場のテイストや広さなどの組み合わせ次第で大きく変化します。


ホテルやゲストハウス、ガーデンからリゾートなど会場の雰囲気やテイストに合わせてデザインや素材を選ぶとより統一感のある仕上がりにする事が可能です。


チャペルや広いパーティ会場であればスカートのボリュームたっぷりのデザインにすることで統一感がでます。動きのあるウェディングであれば、ボリュームを抑えたシルエットにしましょう。


スカートのボリュームは会場の雰囲気や当日の動き方、演出などに合わせてください。また、ベールの長さとデザインは、トレーンの長さとスカートのボリューム、会場の広さに合わせましょう。


Aラインドレスに合ったブーケの種類


上から下に流れる美しいシルエットが印象的なAラインドレスに似合うブーケは、オーバルブーケやクラッチブーケなどがおすすめです。


いずれも丸みのあるラウンドシルエットよりも、すっきりしたデザインとなっており、Aラインの良さを引き出す事ができるブーケです。


フリルやリボンなど、可愛らしいディテールがデザインされているなら、ふんわりした丸みのある花材が合います。スタイリッシュな印象にしたいのなら、縦長のシルエットの花材がマッチします。


テイストやデザインをしっかり把握した上で、ブーケの花材やシルエットを選ぶようにしましょう。こうする事でよりドレス統一感のある仕上がりにする事が可能です。


ウェディングドレスの人気ブランドについて

ウェディングドレスを決める際に気になるものの1つに「ブランド」があるのではないでしょうか?「そんなことはない」と口にしていても、女性はブランドにこだわる傾向があります。


そこで、人気のブランドを5つ紹介したいと思います。ドレスを選ぶ際に参考にしてみてください。



・YUMI KATSURA

・NOVARESE

・ジルスチュアートウェディング

・レフェクチュール

・EMarie



YUMI KATSURA


まず最初に紹介するのは。「YUMI KATSURA」です。日本におけるウェディングドレス界の巨匠でもある桂由美さんがプロデュースしているブランドは非常に人気が高いことで知られています。


値段が高いけれど、誰もが着てみたいと思ってしまうほどの完成度の高さが魅力的です。日本のみならず世界からも高い支持を集めているほどのブランドであります。


最大の特徴は、「日本人女性が最も美しく見えるように作られたドレス」として作られたことです。体型や足の長さにコンプレックスがある日本人女性のために作るという強いこだわりがあります。


ドレスの美しさで花嫁のいい部分を最大限に引き出す日本人女性のためのブランドを是非試してみてください。


NOVARESE


このブランドのコンセプトは、「おしゃれな花嫁が注目するトレンドを意識したドレス」を意識しています。女性のおしゃれ好きのニーズに応えたドレスとして作られました。


その人気ぶりは世界のセレブたちがこぞって「NOVARESE」の着用するほどです。素材にも強いこだわりがあり、極上シルクで肌触り抜群のドレスもあります。


ウェディングドレスを着るのは一生に一度になるかもしれません。後悔せずにおしゃれなドレスを着たいのであれば、エレガントさを重視したブランドを是非選んでみてください。


ジルスチュアートウェディング


このブランドのコンセプトは「気分はまさにお姫様」というように可愛らしさを前面に押し出したようなドレスとなっております。


ジルスチュアートといえば、女性の憧れのコスメとして知られていますが、ウェディングドレス業界にも参入しています。


スイートで可憐なジルスチュアートの世界観をウェディングドレスで表現した可愛らしさ満載のブランドで、見る人のハートをギュッとわしづかみにしましょう。


レフェクチュール

「大人の花嫁に選ばれるドレス」をコンセプトにしているのが、レフェクチュールです。エレガントさを究極に追求したドレスは、着ただけでオーラを放つほどの凄みを感じさせます。


このような凄みのあるオーラを出すために、緻密な計算と現在のトレンドも積極的に取り入れることを常日頃から考えているのがこのブランドです。


また、素材に関しても妥協は許さずに、最上級のものだけを使う強いこだわりを見せています。日本古来の繊細さとヨーロッパが生み出した伝統技術を合わせ、芸術品ともいえるドレスに仕上げました。


ブランド志向の高い大人の女性のピュアな表情を自然に演出してくれる気品あふれるドレスが希望であれば、このブランドを選ぶようにしましょう。


EMarie

このブランドは、「エレガントやトレンドではなくクラシックなドレスが好きな女性」のためのドレスを提供しております。デザインを担当しているのは日本人の「エマ理永さん」です。


体型に合わせた抜群のフィット感は、まるで体に寄り添うような不思議な感覚を味わうことができます。エレガントさやトレンドを意識した最新ドレスよりも本物志向の花嫁に人気があります。


慎ましく日本人らしい落ち着きと昔からの良さを組み合わせたシルエット美に加えて、古き良きウェディングドレスを求めるならこのブランドを選ぶようにしましょう。


Aラインドレスの特徴についてのまとめ


今回はAラインドレスの特徴についてまとめさせていただきました。基本的にどんな人にでも合わせられるドレスですが、その特性を生かしきれないと、ただ平凡なままになる場合もあります。


ただ、この記事でも紹介したように、Aラインドレスにあったコーディネートや雰囲気を選ぶ事ができれば、よりAラインドレスの魅力を最大限に引き出す事が可能となります。


今回の記事で、王道のAラインドレスのよさを最大限引き出せる方法を知った上で、一生の思い出に残る結婚式になるようにしてくださいね。

  • Aラインドレスを実際に試着してみたい
  • Aラインドレスについて相談をしてみたい

無料で試着やご相談が可能です。以下のリンクから来店のご予約をしてみてはいかがでしょうか。

<div style="text-align: center; margin-top: 2rem;"><a href="https://the-dressshop.resv.jp/reserve/calendar.php" target="_blank" class="Button Button--lg Button--primary" rel="noopener noreferrer">Webで来店予約<i class="fas fa-angle-right" style="margin-left: 5px;"></i></a></div>