CONTENTS お役立ち情報

ウェディングドレス、コスパ重視で大丈夫?安っぽい印象を避けるコツ

ウェディングドレス、コスパ重視で大丈夫?安っぽい印象を避けるコツ

コストを抑えて挙式をしたくても、憧れのウェディングドレス姿が安っぽいとがっかりですよね。

今回は安っぽいウェディングドレスにしないコツを解説します。

コストを抑えて失敗した例や、自分に合ったドレスの選び方も紹介するため、結婚式を考えている人はぜひ参考にしてください。

ウェディングドレスを安っぽい印象にしてしまう節約例

ウェディングドレスを安っぽい印象にしてしまう節約例は以下のとおりです。

  • ブライダルインナーを我慢
  • ウェディングドレスやベールをネットで購入
  • アクセサリーやシューズを自前のもので代用
  • 手作りで用意した小物がドレスと不似合い

これらのがっかりな節約例と、そう見えてしまうポイントをチェックしていきましょう。

ブライダルインナーを我慢

ブライダルインナーを我慢してしまうと、ウェディングドレスが素敵に見えずに安っぽい印象になってしまいます。

ブライダルインナーとはドレスの下に着るインナーです。

ほかの人から見えるものではないものの、あることでウェディングドレスをより美しく見せてくれるほか、ドレスから下着が見えてしまうトラブルを防いでくれます。

安っぽい印象を与えるだけではなく恥ずかしいことにならないよう、ブライダルインナーは用意しましょう。

ウェディングドレスやベールをネットで購入

ウェディングドレスやベールをネットで購入することも、安っぽい印象になる原因の一つです。

ネット上では、実際の質感がわかりません。

粗雑な作りや素材が悪いものを購入してしまい、ウェディングドレスが台無しになってしまう恐れがあります。

ドレス自体を格安のものにする場合はもちろん、ベールだけ格安で購入したとしても、素材によっては豪華なドレスとちぐはぐになってしまうのです。

アクセサリーやシューズを自前のもので代用

アクセサリーやシューズを自前のもので代用することも、注意が必要です。

安価なアクセサリーを合わせると、せっかくのドレスまで安っぽい印象になってしまうこともあります。

豪華なウェディングドレスは、やはり高価なアクセサリーが似合うでしょう。

シューズはドレスに隠れるから大丈夫だろうと考えていても、ソファーなどに座るとゲストから目立つため注意が必要です。

手作りで用意した小物がドレスと不似合い

手作りが好き、または節約しようとして小物類を手作りする方がいます。

素敵なものができあがればいいものの、手作りで用意した小物がドレスと不似合いになってしまうケースがあるため注意しましょう。

大きさが合わずに全体のバランスが悪くなってしまったり、素人っぽい仕上がりになってしまったりして、印象が悪くなってしまう可能性があります。

また、忙しいウェディング前の時間に手作り小物を作っていて、準備が間に合わなくなってしまったということにならないようにも注意が必要です。

安っぽいウェディングドレスに見せないポイント

安っぽいウェディングドレスに見せないためのポイントもチェックしていきましょう。

チェックしたいポイントは、以下のとおりです。


  • 色味が似合っているかをチェック
  • サテンやチュールなど生地の素材をチェック
  • バックスタイルのシルエットをチェック
  • バストやウエストが自分に合っているかチェック
  • 格安ドレスならスカートのボリューム感をチェック

どのようなことに気を付けるのか、詳しく見ていきましょう。

色味が似合っているかをチェック

安っぽいウェディングドレスに見せないための1つ目のポイントは、色味が似合っているかどうかです。

色味によって、見たときの印象は大きく変わります。

たとえば白色のウェディングドレスでも、「ホワイト」「オフホワイト」「アイボリー」という3種類の色味があるからです。

似合わない色のウェディングドレスでは、肌の色が実際より黒っぽく、くすんで見えてしまうこともあるため注意が必要。

色味が似合っているかどうか、試着の際に周りの人の意見や写真でチェックしましょう。

サテンやチュールなど生地の素材をチェック

2つ目のポイントは、生地の素材をチェックすることです。

薄すぎる生地や安っぽい印象の生地ではないか、チェックしましょう。

サテンなどの生地は、安っぽいテカりがあるものではないかを確認します。

安いウェディングドレスはポリエステル製のものが多く、高価なものはシルクやレースなどが使われており、生地の素材感が異なるからです。

素材感が与える印象に注意して選びましょう。

バックスタイルのシルエットをチェック

3つ目のポイントは、バックスタイルのシルエットをチェックすることです。

バックスタイルの良し悪しは自分ではなかなか気づきにくいものの、式の間は意外にゲストに背中を向けている時間が長くあります。

印象が悪くなってがっかりすることがないように、バックスタイルのシルエットが美しいウェディングドレスを選びましょう。

バストやウエストが自分に合っているかチェック

4つ目のポイントは、バストやウエストが自分に合っているかチェックすることです。

ウェディングドレスを着る方の体型によって、似合うドレスの形は異なります。

自分がもっとも美しく見えるウェディングドレスを選びましょう。

バストの部分でチェックしたいポイントは、つぶされずきれいに包み込んでいるシルエットになっているかです。

ウエストは美しく引き締まった形になっているか、またウエストのラインや位置にぴったりのデザインかを確認しましょう。

格安ドレスならスカートのボリューム感をチェック

格安ドレスならスカートのボリューム感をチェックすることも大事なポイントです。

ふわっとした可愛らしい印象のウェディングドレスを選びたいのであれば、ボリューム感が足りているかを確認しましょう。

ボリューム感が足りないと、安っぽい印象になってしまう恐れがあります。

はじめからボリューム感のないマーメイドデザインのドレスなどを選ぶ場合には、もたつきがなくシルエットが美しいかをチェックしましょう。

ぴったりのウェディングドレスを安く見つけるコツ

自分にぴったりの素敵なウェディングドレスを安く見つけるコツは、以下のとおりです。

  • あらかじめ予算を決めておくこと
  • 気に入ったドレスを複数のショップでチェックすること
  • まとめて用意すれば安くなるか確認すること

自分にあったウェディングドレスであれば、格安のものを用意していても素敵なドレス姿に見えます。

どのようなことに気をつければいいのか、確認していきましょう。

>>ウェディングドレスは購入とレンタルのどっちが良いのか価格を比較!

あらかじめ予算を決めておくこと

ぴったりのウェディングドレスを安く見つける1つ目のコツは、あらかじめ予算を決めておくことです。

なお、平均費用は1着で18万円ほどだといわれています。

予算を決めていても素敵なウェディングドレスがあるとつい予算をオーバーしてしまいがちなため、安くしたいときは注意しましょう。

また、事前に好みのドレスデザインなどもチェックしておくといいでしょう。

気に入ったドレスを複数のショップでチェックすること

気に入ったドレスがあってもすぐに決めずに、複数のショップでチェックすることも安く抑えられるポイントです。

同じドレスでも、違うショップでは安くなっているケースがあります。

また、ドレスは意外に似合っているかどうかが自分でわからないこともあるでしょう。

ドレスを選ぶ際には、一緒にいる方の客観的な意見を取り入れることも重要です。

まとめて用意すれば安くなるか確認すること

安く抑えたいときには、まとめて用意すれば値引きできるか確認しましょう。

レンタルなどで用意するものはウェディングドレスだけではなく、アクセサリーやベール、シューズなどがあります。

同じショップでまとめて手配をすれば、割引してもらえるケースがあるからです。

安くできるサービスがあるかどうか、チェックしてみましょう。

まとめ:格安でも素敵なウェディングドレスを探そう!

今回は格安のウェディングドレスについてご紹介しました。


  • アクセサリーなどを代用すると安っぽい印象になるケースがあること
  • 自分にあったドレスであれば、格安のものでも素敵に見えること
  • 素敵なウェディングドレスを安く見つけるコツがあること

ウェディングドレス姿に憧れて結婚式をしたのに、安っぽい印象になってしまうとがっかりです。

安く抑えたい場合でも、安っぽい印象にならないように注意しましょう。

ザ・ドレスショップでは、ウェディングドレスのレンタルサービスをおこなっています。

試着もできるため、きっと自分にあったウェディングドレスが探せます。

ザ・ドレスショップへ気軽に来店予約してみましょう。